不動産査定の相場

仲介手数料とは

仲介手数料とは、依頼者の一方から受領出来る報酬額ということですが、先ほど触れたように上限額が決まっています。売却合計額が幾らでも、200万以下の料金までは合計額の5.25パーセント以内、200万円超400万円以下は4.2パーセント以内、あか売却額が400万円超のときは3.15パーセント以内となっています。売却額に関わらず、それぞれの金額を合計したものが、その不動産物件の仲介手数料の上限額となります。このように仲介手数料は、あらかじめ上限額が決められ、売却額に応じて金額がかわるものなので、上限額を一律に設定された仲介手数料のように言う業者には十分注意してください。更に言えば、そういうことを言ってきた時点で、その業者とは関係を断ち切るのが理想です。業者探しをしている時点で、仲介手数料に関してどう言っているかを確かめるのがベストだと思います。

 

そして肝心の仲介手数料そのものの算出方法ですが、消費税や地方消費税相当額を含むので、その分の金額も加算されます。売却額の100万〜200万までは5パーセント+税、220万〜400万なら、売却合計額から200万を引いた金額×4パーセント+税、410万以上は400万を引いた金額×3パーセント+税となり、それぞれを合計した金額が仲介手数料になるのです。業者とこの話になったときは、最初に計算を始めるとき、額が税抜きの段階になっているかどうかを必ず確認してください。上手くごまかして二重取りをしようと考える業者がいないとも限りませんから注意してください。

 

また先ほど御説明した上限金額の話ですが、売却価格×3パーセント+6万円+消費税という計算で求めることもできます。手数料というのは、何の手数料でも、1番基準が曖昧になりがちな料金ですから、正当な金額で取引することを心がけてください。